ブログ

WP-Ranking PRO を Nginxなどプロキシが関係する環境で使用する方法

wp-ranking_pro

PLUGMIZE オリジナルのランキングプラグイン「WP-Ranking PRO」では、通常の環境に加え、Nginx のリバースプロキシ機能や、社内サーバなどでプロキシ環境が適用された環境などでも利用できるよう、設定により細かいチューニングが行えるよう実装されています。

サーバー側に Nginx を採用しているおたくま経済新聞での使用例(2016年8月現在)をもとに、プロキシ環境で使用する際の設定方法についてのチューニング方法をお知らせします。

 

IPアドレスの取得元を変更

wp-ranking-remoteaddr

ランキングはIPアドレスを元に様々な集計を行っています。
このとき、通常は「REMOTE_ADDR」というサーバーの環境変数キーを用いて取得することが一般的ですが、リバースプロキシ環境下ではこの「REMOTE_ADDR」をそのまま使用すると、リバースプロキシ自体のIPアドレスや、経由しているルータのIPアドレスなどを返すだけとなってしまい、正しい分析結果を得ることができなくなってしまいます。

リバースプロキシ環境下では、それぞれのサーバーに応じた環境変数に変更して使用します。

設定画面の[セッティング]メニューの「基本設定」の下にある「アクセス元IPアドレスの取得キー」で指定します。

Nginxのリバースプロキシでは、通常の「REMOTE_ADDR」にあたるキーとして、設定内で「proxy_set_handler X-Real-IP $remote_addr」などのように指定すれば、環境変数より「HTTP_X_REAL_IP」を指定することで取得が可能です。従って、設定画面内で「HTTP_X_REAL_IP」に設定変更を行っています。
※Nginxの設定により異なりますので各サーバでの設定をご確認ください。

 

環境に合わせた設定変更が必要になりますが、豊富で高機能な国産ランキングプラグイン「WP-Ranking PRO」を是非ご活用いただければと思います。

■ WP-Ranking PRO
https://plugmize.jp/product/wp-ranking-pro/
■ 公式ダウンロード(無料)
https://wordpress.org/plugins/wp-ranking-pro/

関連記事

WP-Ranking PRO
ページ上部へ戻る